社員インタビュー

VOICE.01
工務部
松浦 稔
勤続 5か月
2019年10月入社

私は3ヶ月間の試用期間を経て、2月から正社員採用として工務部の配属が決まりました。
工務部での主な業務内容は、官公庁施設・医療福祉関係の施設・民間企業などの空調設備や熱源設備の保守管理業務や機器修理業務です。
修理業務は、機器を分解して部品交換を行ったり、電気回路・制御回路の故障診断、そして設備全体のシステム診断と幅広い内容で覚えることが多いのですが、機器やシステムが復旧して本来の性能に回復した時は、仕事を覚えることの大変さ以上の喜びを感じています。

永和ビルテックの受注形態のほとんどが元請受注のため、業務上直接ユーザーと係る機会が多くあります。
よって、技能の習得以外にユーザーとの信頼を築くための礼儀や対話術も必要となります。
現在、工務部の先輩上司と同行して技能習得と接客術のふたつを学んでいます。

永和ビルテックの先輩の方々は、資格取得数も多く実務経験も豊富なのに、今現在も業務範囲の拡大を目的に資格取得に挑んだり、積極的にスキルアップを目的とした講習会に参加しています。
どんなに知識や経験が豊富でも更なるレベルアップを全員が目指す会社だと感じています。

私も実務経験を積んで、一日も早く業務基本となる資格(技能士)取得に向けて励みたいと思います。

VOICE.02
設備部 係長
川端 祐輔
勤続 13年
2007年3月入社

私は入社後、設備部に配属されて空調設備の施工・管理を行っています。
技術を身につける仕事として永和ビルテックを選び、会社の教育制度や先輩上司の指導のお陰で、今では後輩の指導係や現場の施工管理も任せて貰えるようになりました。

設備部の業務としては、国交省をはじめとする官公庁施設、大手病院など様々な現場に従事してきました。
空調設備と言っても、一般的な業務用冷暖房から間接膨張方式の空冷チラーユニットなど空調方式も幅広く、現場の形態も新築・増改築から設備のリニューアルと様々で、安全管理・工程管理・品質管理を実行する苦労と責任の重さを常に感じて仕事をしています。
しかし苦労した現場ほど、現場の竣工に感じる達成感は他では味わえないものがあります。

永和ビルテックに就職して感じたことは、社員一人一人を大切に思ってくれる会社で、技術者育成に関しても充分にサポートしてくれるので、自身のやる気があれば資格取得をはじめ必ず目指した管理技術者になれると思いますので、向上心を抱く人にはお勧めの会社だと思います。
また社員の和(輪)を大切に、社員同士何かあれば支えあう大家族のような会社でもあります。

私は10年以上永和ビルテックで働いていますが、仕事もプライベートも充実した日々を送っています。